手抜きのコツ・ゆるい工夫・ズボラ節約法の裏技情報ブログ

手抜きで生活を豊かに・テヌキング

賢くお得に

白い胡蝶蘭を買ってはいけない

投稿日:

開店祝いや事務所の移転などのビジネス上のお祝いだけでなく、ちょっとしたお祝いにお花を贈る機会も多いでしょう。
そんな時には何を送ろうかと悩むものですが、定番で無難なのはやはり胡蝶蘭でしょう。

ワタシもビジネス上のお付き合いでお祝いのお花を送る機会が多いのですが、そんな時でも白い胡蝶蘭だけは送りません。

なぜでしょうか。

お祝いを贈ったあと、その送り先に訪問する機会も多いですが、特に開店祝いなどでは定番の白い胡蝶蘭がたくさん飾ってあります。
それはそれで壮観なのですが、自分の送った花を探してみると白い胡蝶蘭では見つけるのにも一苦労します。

まあ、だいたいは見つけることができません。
探している間に先方との挨拶がはじまり話がはずめば、結局どこにあるのか確認するひまもありません。

白い胡蝶蘭はみんなが送るので目立たないのです。

目立たないということは、自分が見つけられないばかりでなく、無難な白い胡蝶蘭は相手にも気がついてもらえないと考えた方が良いのです。

ブルーの胡蝶蘭を贈ろう

ワタシがお花を送るときに選ぶのはブルーの胡蝶蘭にしています。
ブルーの胡蝶蘭は実物の色合いもかなりおしゃれです。

もちろん、白い胡蝶蘭よりも目立つので実際に送り先を訪ねるとすぐに見つけられます。

しかし、これはブルーだから目立つのではなく、目立つ場所に置いてくれるからなのです。

置いてくれる人(特に先方の女性)が、目立つ場所に置いてくれるのです

ブルーの胡蝶蘭を送るとこんな風な反応が返ってきます。

「バードさん、先日はお祝いのお花をありがとう。うちの女性陣にも人気だったよ。青って珍しいしかわいいと好評でね」

ここがねらい目なのです。
次々と大量に送られてくる白い胡蝶蘭を受け取る作業に追われる女性従業員の目に留まるブルーの胡蝶蘭。
義理で送られてくる大量の同じようなお花の受け取りにそろそろウンザリしていた担当者にも印象が残るのです。
ひととは違ったかわいいお花が送られてきたのを見て、女性従業員が思わず声を上げてしまう姿が目に浮かぶようです。

そして、その女性担当者が目立つ場所に、ブルーが映える場所にきちんと置いてくれるのです。

色にインパクトがあれば、大きな胡蝶蘭でなくても良い

お祝いで送る花の値段も難しいところです。

同じようにお祝いを送る他の人たちよりも貧相すぎても困ると考えたりもするでしょう。
ここは少し奮発して大きな胡蝶蘭を送るべきなのでしょうか?

白い胡蝶蘭では目立たないので、お金をかけて大きな胡蝶蘭を送ろうと考えるのだとしたら、あまり意味はないかもしれません。自分の虚栄心は満たされるでしょうが、大きな白い胡蝶蘭は、きっと奥の方に置かれてしまい、目立つことなく、廃棄される運命でしょう。

「胡蝶蘭ならブルー」と色さえ決めてしまえば、その戦略は受け取ることになる従業員向けであり、特に女性従業員の評判を第一に考えたものなので、あまり大きくて重い必要はありません。女性が扱いやすいほどほどのサイズを購入すれば良いのです。

大きくて高いものが良いのは当たり前。
小さくても割安で効果の高いものを送るのが、ズボラ流の節約術。

他にはない個性的な胡蝶蘭を探すならネット通販が一番おすすめです。

全国の有名胡蝶蘭が全てある 胡蝶蘭専門店ギフトフラワー

こちらの「ブルーエレガンス」はとっても気品高い素敵な色合いでおすすめの一押しです。
胡蝶蘭の宝石とも言われる珍しい色合いは、見る人誰もが目をとめます。

ブルーエレガンスは大変貴重な胡蝶蘭として有名で、青い胡蝶蘭といえばブルーエレガンスというほど希少性が高く珍しい胡蝶蘭です。青い胡蝶蘭の花言葉は、「愛」と「尊敬」となっており、フラワーギフトにぴったりな胡蝶蘭です。
もちろん、開店祝いや事務所移転などのビジネスにも最適です。

ブルーエレガンスが希少性が高い理由は、生産できる農園が日本に1社のみだからです。
作ることが難しいこの青い胡蝶蘭の栽培方法は世界特許となっており、全世界でも数社のみしか栽培ができず、日本では愛知にある松浦園芸のみが生産可能となっています。
それによって、数が制限されブルーエレガンスというブランドとして人気なのです。

そんな希少性の高い美しい胡蝶蘭が送られてきたとしたら、相手はどう思うでしょう。

きっと、あなたのセンスの良さを見直すこと間違いなしです。

ありきたりな白い胡蝶蘭を義理で送る人が多い中、ブルーエレガンスの胡蝶蘭を贈るだけでちょっとしたサプライズになってしまうのです。

青い胡蝶蘭専門店ギフトフラワー

相手の喜ぶ姿が目に浮かびますね。
奥の方に置かれて目立たない定番のお花を贈るよりも、どうせなら相手に喜ばれるお花を贈ってみませんか。

  • この記事を書いた人

テヌキング・節約旅人ケーシー

旅に目覚めたオジサン旅人のケーシーです。 最近行った海外旅行が20年前とはずいぶん違って快適であったことから、旅に目覚めました。 お得に旅を満喫することを目指して、日々の節約・日々のお得情報を探しています。 手抜きでなければ継続できないをモットーにズボラでもできる節約法・合理化法を研究実践中。 アーリーリタイヤをして世界中を旅するぞ!

-賢くお得に

Copyright© 手抜きで生活を豊かに・テヌキング , 2019 All Rights Reserved.